**黒髪ラーメンパーマは至高**

タカラヅカ、エンゲキ

さよならちぎちゃん

 

ちぎちゃんが演じた役、どれがいちばん好き?と聞かれたら、なんと答えるだろう。

 

いろんなちぎちゃんを観たし、芝居もダンスも大好きだけれど、どの役が好きかって言われるとすごく難しい。

Paradise Princeのまだぷにっとしてるピーター(だったっけ)

雪景色の全て(雪景色はキャストが本当に全員大好きなんだけど、当時バリバリ若手だった彼女たちが雪組を支える主要キャストになり、今じゃほとんど残っていないと考えると時の流れは早い)

はじめて愛したのベルモンド

ニジンスキーのヴァーツラフ

Samouraiの渡会(ドラマシティ2列目センターの席がとれて、原作まで買って楽しみにしてたけど、センター試験直前で泣く泣く諦めスカステで観た悲しい思い出も含め)

伯爵令嬢のアラン

 

あたたかいちぎちゃんのお芝居が大好きだ。

あとは、いつの頃からかよく見るようになった、超サイヤ人みたいに髪の毛つんつんスタイルで弾けるショーでのちぎちゃんも大好きだ。

 

忘れられないのは、ブリドリの名探偵SAGIRI。

ベガホールでの公開収録にダメもとで申し込んでみたら最前列センターブロックが当たったこと。

客席に犯人がいる!みたいな感じでみんなが客席降りして、ちぎちゃんは最前列の客を一人ひとり凝視していくみたいな演出だったと思うんだけど、ちぎちゃんの透明感がほんとにすごくて、白くて美しくて、バリバリ男役とは思えない儚さで、忘れられない。

 

 

さよならちぎちゃん。

ちぎちゃんのことは大好きだけれど、これから外部の舞台で大活躍できるのかはよくわからない。

雪トップスターで言えば、歌が上手くなかったコムちゃんは女優さんとして舞台によく出ているし、かと思えば宝塚でも有数の歌ウマだった桂さんはイマイチの活躍度合い。

事務所とかセルフプロデュースにもよるのだろう。

 

たくさんの愛とトキメキと笑いをありがとう。