**黒髪ラーメンパーマは至高**

タカラヅカ、エンゲキ

マカゼとまどかちゃん

タカラヅカを以前ほど追っかけなくなった。

自分を取り巻く環境が変わって時間がなくなって、スカステも繋がなくなって、そしたら単純に情報についていけなくなって、そうなると前ほど面白くなくなった。

 

舞台はナマモノってよく言うけれど、タカラヅカは舞台だけじゃなく生徒一人ひとりの状況とか、公演スケジュールとか演出家とか、全ての動きが早いから、一度ハマると飽きずにのめり込み続けられるけど、一度離れるとなかなか戻れない。 

 

だから、マカゼとまどかちゃんのトップ就任ニュースも発表から半月以上経ってようやく知った。

 

ちえねね時代の星組のオラオラした感じが苦手だったから若手時代のマカゼはほとんど見たことがない。

リアルなキスは外部舞台でいつでも見れるのに、そこを追求したり、ベニとねね嬢のなんともいえない品のなさがどうしてもダメだった。

 

だからマカゼで印象に残ってる舞台はほとんどない。でもいつの間にか歌が上手くなってて、いつの間にかすごくかっこよくて、まあ様との相性もよさそうで宙に来てからのマカゼはどんどん好きになった。

 

まどかちゃんの初見は白夜の誓い。

いきなりトップスターの子供時代ってただ者じゃないなって思った記憶がある。

確かに可愛い。成績も良い。でも何かずば抜けてるかって言われるとよくわからなくて、ふーんって思った。

私が知ってるまどかちゃんはまだ声が子供で、地声と頭声の切り替えが上手くなくて、あと化粧が下手。

とても可愛い顔立ちだけど、だからこそみりおんがしてきたみたいなちょっとアクのある女は出来ないだろうと思った。まあみりおんだってプリンセスは厳しかったから人それぞれなんだろうけど。

 

なんだかんだ言いながら楽しみだ。