**黒髪ラーメンパーマは至高**

タカラヅカ、エンゲキ

『A Motion』

 

気付いたらみりおんはいなくなってしまっていて(私が観たのは結局エリザが最後だった)、ただまあ様がチャラい、そんな幸せな舞台を観に行った。

 

予習ゼロ。宙組はエリザ振り。男役は上から10人わかるかどうか。娘役はせーこうららまどかちゃんぐらいしかわからない。

大丈夫かなって不安だったけど、とりあえず

宙男ってこんなにイケメンなの

っていう驚きがすごかった。

対して娘役はちょっとアレだね。容姿がアレだね。上手いのかもしれないけど、オペラで覗くと夢が醒めるね(あくまで個人的な意見です)。ガリガリすぎるのかな。バレリーナの衣装のところ、2階席からオペラで覗くとパット的なものがモロに見えてしまってて何とも言えなかった……。

キレイだなーって思ったのはうらら様と華雪りらちゃん?かな。目はメイクでどうにでもなるから、鼻筋がキレイなのが大事なんだなーと。

 

では中身へ。

コンサートってことをすっかり忘れてて、客席の盛り上がりにビビり倒す。私の知ってるタカラヅカじゃない…ってなった。怖かった。タカラヅカ公演でフゥー!とかイェー!とか聞くって思ってないもん……。

まあ様会とかすごいね。まあ様があんな感じだとファンも元気な感じになるのかね。いや単純に褒めてるんですけどね。

やっぱ100周年を期に客層が少し変わったのかな。絶対的にお客さん増えたしね。良いこと良いこと。

 

幕開けた瞬間にサイトーヨシマサ感すごくて笑った。ほんとヨシマサ懲りねえな。ちょっとは反省しろよ(半分は褒めてる)。

アニメーションはまあ良いけどさ、なんであんなにアニメ画なの。

生徒にフラッグとか持たせちゃうしさ。

あと作品通して歌詞を映しがち。

明朝体どかーん。

ってほんと笑うからやめて。

 

宙のチャラ男たちがバレリーナを口説く?場面。あそこ好きなんだけど、ヨシマサ遂に舞台上で中2男子感を表現しにきたか…とある意味リスペクトしたよね。

 

2002年振り返ります的なポップスシーン。

うらら様にハロプロをぶち当てるセンス。

アイドルソングだと地声で歌えるからうらら様も大丈夫なのね。その手があったかと目からウロコですよ。

そして全体通してハロプロ2曲しか歌わなかったうらら様……。

アイドルだからと前髪パッツンのウィッグ作ってたんだろうけど、全然似合ってなかったね…。お顔はアイドルより女王って感じだもんね…難しい。 

 

せーこが神様だーってやってるイケメン七福神の場面。もうほんとにイケメンで感動した。だってこれ組を分割してる公演でしょ。合体して大劇場公演になったらもっとイケメンが増えるんでしょ。もう眼球溶けるわ。

愛ちゃん髪の毛ピンクだった素敵だった…プログラムの写真、なんかBIGBANGにいそうだった。

りくはお顔がしゅっとしてた(1番タカラヅカを観てた時期が、愛りくが新公主演してた時期だから記憶もそこで止まりがち)

あっきーはね、もうね、あっきーが笑顔で舞台に立ってくれるならそれだけで生きていけます、みたいな尊さがある。

もんちは宙組の至宝。それ以外の表現はない。

春瀬央季くん!!!!!宙組公演観る度に気になる人。かっこよすぎだし、スタイルよすぎだし、たまらん。「シュッとしたコマちゃん」だなって初見で思ってからそうとしか見えなくて、なかなか名前が覚えられなかったけど、もう覚えた。

ソラカズキ。まあ様ブリドリが初認識だったから面白担当の人って認識してるのに、良い声で歌いまくるのやめてほしい。ずるいわ。

そしてもう1人のイケメンくん。知らないイケメンだった。誰だこの子は…ってなって、終演後に一緒に来てた子に聞いてみたら「あ、それまりなですねー!」って言われて、「へぇ、まりなちゃんねー!イケメンだったー!」って答えたけど、誰だまりなちゃん!芸名は何なんだまりなちゃん!

 

2幕のタカラヅカソング歌う場面。

まあ様で観てみたい作品がいっぱいあったなーって。

ミーマイとか考えたこともなかったけど、まあ様のコメディセンス結構好きなので観てみたかった。みりおんにサリーは絶対無理だろうから実現はしなかっただろうけど。(ちゃぴのサリーがとてもとても好き。ちゃぴがした役の中で1番好き。まさおのビルは滲み出る東大阪感があって笑えた。)

 

せーこちゃんがまあ様のこれまでの作品を絡めたメッセージを読み上げる場面。サイトーヨシマサこういうとこあるよね。やりすぎちゃうし、ダサいけど、ファン心理を絶対にどこか1つくすぐってくる。

特別まあ様ファンって訳じゃないのに、温かくて懐かしくて寂しくて胸がいっぱいになった。コードヒーローとかさ、まあ様下手っぴで、化粧も今ひとつで、「ろんりーろんりーろんりーそるじゃーはんはんは〜〜ん」とか歌われた日にゃもう堪らなくて。

そんなことも思い出した瞬間だった。

 

ファンばっかりが観る公演だからアリなんだろうなっていうグダグダのトークコーナーとか、生徒1人ひとりを愛でるタカラヅカというスタイルだから成り立つコンサート、まあ様の魅力もたっぷりで大満足でした。

 

でもまあ様の衣装総じてださくない?色彩センスやばくない?

他の子たちは普通なのにまあ様だけダサいよね…。

オープニングの衣装、銀英伝ロイエンタールを思い出した。ちーエンタール素敵だったな……ヅカビジュアルで最も好きなのがちーエンタールだから、オープニングとフィナーレでみんながあの衣装着てる間ずっとニヤニヤしてしまった。