**黒髪ラーメンパーマは至高**

タカラヅカ、エンゲキ

『ヴァンパイア・サクセション』

何年か前からブタイを観ることが好きになったけれど、

どれだけ楽しいブタイでも記憶が薄れていくのが寂しいから

思い立って備忘録のかわりにブログ。

 

直近に観劇した『ヴァンパイア・サクセション』から書いてみよう。

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

 

まず「サクセション」なのか「サセクション」なのかよくわからなくなっちゃって

迂闊に人前で公演名がなかなか言えなかった。

ポスターが出た時点で「誰だこれは・・・」ってなった。

最近のヅカポスター、修正すごくない??

ジェンヌさんのセルフメイクでナチュラルに撮影したほうが絶対に良いものができると思う。

 

なかなか良い席のチケットをとってもらって、久しぶりに宙組公演を観に行った。

(『白夜の誓い』以来行ってない。羽根を背負ったまあ様に早く会いに行かなきゃ。)

 

思ったことを述べます。

  • マカゼかっこいい・・・
  • 愛ちゃんかっこいい・・・
  • カズキソラから目が離せない
  • うらら様からも目が離せない
  • 喪服の破壊力がすごい
  • フィナーレの破壊力もすごいし、つまりは宙男のスーツ姿がやばい

 

マカゼのことめっちゃ好きでもめっちゃ嫌いでもなかったんだけど、

というよりマカゼがいた頃の星組をあんまり観てこなかったんだけど、

マカゼめちゃくちゃかっこいいね・・・・・

あのヘアスタイル(前髪流してて後ろでおだんごにまとめてるやつ)が

マカゼの輪郭にすごく似合ってた。

それと、どうでもいいけど本当に水さんに似てた。

最近の水さんも前髪流してるスタイルで、ネットでインタビュー記事か何かを読んだところだったから、もうマカゼが出てきた瞬間水さんかと・・・。びっくり。

 

愛ちゃん。

私はセリフが聞き取れないことにすごくストレスを感じるタイプなので、

(最近だと『RENT』がどうしても駄目で幕間に帰ってしまった。初見だったんだけどアレ歌詞の文字数とメロディー合ってなさすぎじゃない?本当に歌詞が入ってこない。映画を観てから行ったから、歌詞聞き取れなくてもストーリーは追えたけど、ストレスがすごすぎて無理だった。また再演されても多分行かない。)

愛ちゃんはちょっと苦手です。『TOP HAT』とかも結構しんどかったよね・・・。

みたいな気持ちで愛ちゃんの登場を迎えた訳だけど、

かっこいい。前髪センター分け愛ちゃんかっこいい。

滑舌はあまりよくないけどお芝居はできるんだね。ステキだった。

 

あとマカゼと愛ちゃんが並んだ時のスタイルがもうすごい。

前の方の座席だったから舞台の前の方まで二人が来た時に感じるでかさがすごい。

うらら様と並んでその身長差!?!?!?みたいなね。

最高としか言いようがない。

 

そして喪服

びっっっっくりした。ステキすぎて。そうよ宙男は黙ってスーツなのよ。

なんでコスチューム物させちゃうかなぁ。

『メランコリック・ジゴロ』とかさ!!!!!そっちの路線できてほしい!!!

次は『エリザ』って決まっちゃってるから、その次でいい。

まあ様率いる宙男がスーツを着てチャラいことしてるだけの作品をやってほしい。

 

カズキソラ。単純にうまいし、なんかよくわかんないけど好感度高いよね。

お芝居があったかい感じ。

宙組をあんまり観てこなかったから歌えるのかとか踊れるのかは知らないけど、

とにかくお芝居はすごく好き。

 

そしてうらら様。

歌わないうらら様は最強。段違いの華やかさ。

やっぱり人間には得意不得意ってものがある訳だから、

歌えないなら歌わないでいいじゃない。(歌劇団だけど)

歌う方も聞く方もしんどいなんて間違ってるもの。(歌劇団だけど)

 

あ、演出はキライでした。ダイキライ。

まあ小劇場公演なんてほぼファンしか観に行かないからいいのかもしれないけど、

冒頭のマカゼの合成写真のとこ。

笑いは起きてたけど、あんな失笑で満足してるのかしら。

「ほら、笑え」って言われてる気分、子供でも思いつきそうな演出。

あとはやっぱり政治的な要素が散りばめられてるのが本当に本当にいや。

タカラヅカは娯楽のための芸術なのだから政治や宗教を絡めるのはセンスがなさすぎる。

何様気取りなのか。

 

こんなことを思っていても、結局は観に行ってしまうんだよな。

ジェンヌもファンも演出家を選べない。