**黒髪ラーメンパーマは至高**

タカラヅカ、エンゲキ

さよならちぎちゃん

 

ちぎちゃんが演じた役、どれがいちばん好き?と聞かれたら、なんと答えるだろう。

 

いろんなちぎちゃんを観たし、芝居もダンスも大好きだけれど、どの役が好きかって言われるとすごく難しい。

Paradise Princeのまだぷにっとしてるピーター(だったっけ)

雪景色の全て(雪景色はキャストが本当に全員大好きなんだけど、当時バリバリ若手だった彼女たちが雪組を支える主要キャストになり、今じゃほとんど残っていないと考えると時の流れは早い)

はじめて愛したのベルモンド

ニジンスキーのヴァーツラフ

Samouraiの渡会(ドラマシティ2列目センターの席がとれて、原作まで買って楽しみにしてたけど、センター試験直前で泣く泣く諦めスカステで観た悲しい思い出も含め)

伯爵令嬢のアラン

 

あたたかいちぎちゃんのお芝居が大好きだ。

あとは、いつの頃からかよく見るようになった、超サイヤ人みたいに髪の毛つんつんスタイルで弾けるショーでのちぎちゃんも大好きだ。

 

忘れられないのは、ブリドリの名探偵SAGIRI。

ベガホールでの公開収録にダメもとで申し込んでみたら最前列センターブロックが当たったこと。

客席に犯人がいる!みたいな感じでみんなが客席降りして、ちぎちゃんは最前列の客を一人ひとり凝視していくみたいな演出だったと思うんだけど、ちぎちゃんの透明感がほんとにすごくて、白くて美しくて、バリバリ男役とは思えない儚さで、忘れられない。

 

 

さよならちぎちゃん。

ちぎちゃんのことは大好きだけれど、これから外部の舞台で大活躍できるのかはよくわからない。

雪トップスターで言えば、歌が上手くなかったコムちゃんは女優さんとして舞台によく出ているし、かと思えば宝塚でも有数の歌ウマだった桂さんはイマイチの活躍度合い。

事務所とかセルフプロデュースにもよるのだろう。

 

たくさんの愛とトキメキと笑いをありがとう。

マカゼとまどかちゃん

タカラヅカを以前ほど追っかけなくなった。

自分を取り巻く環境が変わって時間がなくなって、スカステも繋がなくなって、そしたら単純に情報についていけなくなって、そうなると前ほど面白くなくなった。

 

舞台はナマモノってよく言うけれど、タカラヅカは舞台だけじゃなく生徒一人ひとりの状況とか、公演スケジュールとか演出家とか、全ての動きが早いから、一度ハマると飽きずにのめり込み続けられるけど、一度離れるとなかなか戻れない。 

 

だから、マカゼとまどかちゃんのトップ就任ニュースも発表から半月以上経ってようやく知った。

 

ちえねね時代の星組のオラオラした感じが苦手だったから若手時代のマカゼはほとんど見たことがない。

リアルなキスは外部舞台でいつでも見れるのに、そこを追求したり、ベニとねね嬢のなんともいえない品のなさがどうしてもダメだった。

 

だからマカゼで印象に残ってる舞台はほとんどない。でもいつの間にか歌が上手くなってて、いつの間にかすごくかっこよくて、まあ様との相性もよさそうで宙に来てからのマカゼはどんどん好きになった。

 

まどかちゃんの初見は白夜の誓い。

いきなりトップスターの子供時代ってただ者じゃないなって思った記憶がある。

確かに可愛い。成績も良い。でも何かずば抜けてるかって言われるとよくわからなくて、ふーんって思った。

私が知ってるまどかちゃんはまだ声が子供で、地声と頭声の切り替えが上手くなくて、あと化粧が下手。

とても可愛い顔立ちだけど、だからこそみりおんがしてきたみたいなちょっとアクのある女は出来ないだろうと思った。まあみりおんだってプリンセスは厳しかったから人それぞれなんだろうけど。

 

なんだかんだ言いながら楽しみだ。

 

『A Motion』

 

気付いたらみりおんはいなくなってしまっていて(私が観たのは結局エリザが最後だった)、ただまあ様がチャラい、そんな幸せな舞台を観に行った。

 

予習ゼロ。宙組はエリザ振り。男役は上から10人わかるかどうか。娘役はせーこうららまどかちゃんぐらいしかわからない。

大丈夫かなって不安だったけど、とりあえず

宙男ってこんなにイケメンなの

っていう驚きがすごかった。

対して娘役はちょっとアレだね。容姿がアレだね。上手いのかもしれないけど、オペラで覗くと夢が醒めるね(あくまで個人的な意見です)。ガリガリすぎるのかな。バレリーナの衣装のところ、2階席からオペラで覗くとパット的なものがモロに見えてしまってて何とも言えなかった……。

キレイだなーって思ったのはうらら様と華雪りらちゃん?かな。目はメイクでどうにでもなるから、鼻筋がキレイなのが大事なんだなーと。

 

では中身へ。

コンサートってことをすっかり忘れてて、客席の盛り上がりにビビり倒す。私の知ってるタカラヅカじゃない…ってなった。怖かった。タカラヅカ公演でフゥー!とかイェー!とか聞くって思ってないもん……。

まあ様会とかすごいね。まあ様があんな感じだとファンも元気な感じになるのかね。いや単純に褒めてるんですけどね。

やっぱ100周年を期に客層が少し変わったのかな。絶対的にお客さん増えたしね。良いこと良いこと。

 

幕開けた瞬間にサイトーヨシマサ感すごくて笑った。ほんとヨシマサ懲りねえな。ちょっとは反省しろよ(半分は褒めてる)。

アニメーションはまあ良いけどさ、なんであんなにアニメ画なの。

生徒にフラッグとか持たせちゃうしさ。

あと作品通して歌詞を映しがち。

明朝体どかーん。

ってほんと笑うからやめて。

 

宙のチャラ男たちがバレリーナを口説く?場面。あそこ好きなんだけど、ヨシマサ遂に舞台上で中2男子感を表現しにきたか…とある意味リスペクトしたよね。

 

2002年振り返ります的なポップスシーン。

うらら様にハロプロをぶち当てるセンス。

アイドルソングだと地声で歌えるからうらら様も大丈夫なのね。その手があったかと目からウロコですよ。

そして全体通してハロプロ2曲しか歌わなかったうらら様……。

アイドルだからと前髪パッツンのウィッグ作ってたんだろうけど、全然似合ってなかったね…。お顔はアイドルより女王って感じだもんね…難しい。 

 

せーこが神様だーってやってるイケメン七福神の場面。もうほんとにイケメンで感動した。だってこれ組を分割してる公演でしょ。合体して大劇場公演になったらもっとイケメンが増えるんでしょ。もう眼球溶けるわ。

愛ちゃん髪の毛ピンクだった素敵だった…プログラムの写真、なんかBIGBANGにいそうだった。

りくはお顔がしゅっとしてた(1番タカラヅカを観てた時期が、愛りくが新公主演してた時期だから記憶もそこで止まりがち)

あっきーはね、もうね、あっきーが笑顔で舞台に立ってくれるならそれだけで生きていけます、みたいな尊さがある。

もんちは宙組の至宝。それ以外の表現はない。

春瀬央季くん!!!!!宙組公演観る度に気になる人。かっこよすぎだし、スタイルよすぎだし、たまらん。「シュッとしたコマちゃん」だなって初見で思ってからそうとしか見えなくて、なかなか名前が覚えられなかったけど、もう覚えた。

ソラカズキ。まあ様ブリドリが初認識だったから面白担当の人って認識してるのに、良い声で歌いまくるのやめてほしい。ずるいわ。

そしてもう1人のイケメンくん。知らないイケメンだった。誰だこの子は…ってなって、終演後に一緒に来てた子に聞いてみたら「あ、それまりなですねー!」って言われて、「へぇ、まりなちゃんねー!イケメンだったー!」って答えたけど、誰だまりなちゃん!芸名は何なんだまりなちゃん!

 

2幕のタカラヅカソング歌う場面。

まあ様で観てみたい作品がいっぱいあったなーって。

ミーマイとか考えたこともなかったけど、まあ様のコメディセンス結構好きなので観てみたかった。みりおんにサリーは絶対無理だろうから実現はしなかっただろうけど。(ちゃぴのサリーがとてもとても好き。ちゃぴがした役の中で1番好き。まさおのビルは滲み出る東大阪感があって笑えた。)

 

せーこちゃんがまあ様のこれまでの作品を絡めたメッセージを読み上げる場面。サイトーヨシマサこういうとこあるよね。やりすぎちゃうし、ダサいけど、ファン心理を絶対にどこか1つくすぐってくる。

特別まあ様ファンって訳じゃないのに、温かくて懐かしくて寂しくて胸がいっぱいになった。コードヒーローとかさ、まあ様下手っぴで、化粧も今ひとつで、「ろんりーろんりーろんりーそるじゃーはんはんは〜〜ん」とか歌われた日にゃもう堪らなくて。

そんなことも思い出した瞬間だった。

 

ファンばっかりが観る公演だからアリなんだろうなっていうグダグダのトークコーナーとか、生徒1人ひとりを愛でるタカラヅカというスタイルだから成り立つコンサート、まあ様の魅力もたっぷりで大満足でした。

 

でもまあ様の衣装総じてださくない?色彩センスやばくない?

他の子たちは普通なのにまあ様だけダサいよね…。

オープニングの衣装、銀英伝ロイエンタールを思い出した。ちーエンタール素敵だったな……ヅカビジュアルで最も好きなのがちーエンタールだから、オープニングとフィナーレでみんながあの衣装着てる間ずっとニヤニヤしてしまった。

 

『ヴァンパイア・サクセション』

何年か前からブタイを観ることが好きになったけれど、

どれだけ楽しいブタイでも記憶が薄れていくのが寂しいから

思い立って備忘録のかわりにブログ。

 

直近に観劇した『ヴァンパイア・サクセション』から書いてみよう。

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

 

まず「サクセション」なのか「サセクション」なのかよくわからなくなっちゃって

迂闊に人前で公演名がなかなか言えなかった。

ポスターが出た時点で「誰だこれは・・・」ってなった。

最近のヅカポスター、修正すごくない??

ジェンヌさんのセルフメイクでナチュラルに撮影したほうが絶対に良いものができると思う。

 

なかなか良い席のチケットをとってもらって、久しぶりに宙組公演を観に行った。

(『白夜の誓い』以来行ってない。羽根を背負ったまあ様に早く会いに行かなきゃ。)

 

思ったことを述べます。

  • マカゼかっこいい・・・
  • 愛ちゃんかっこいい・・・
  • カズキソラから目が離せない
  • うらら様からも目が離せない
  • 喪服の破壊力がすごい
  • フィナーレの破壊力もすごいし、つまりは宙男のスーツ姿がやばい

 

マカゼのことめっちゃ好きでもめっちゃ嫌いでもなかったんだけど、

というよりマカゼがいた頃の星組をあんまり観てこなかったんだけど、

マカゼめちゃくちゃかっこいいね・・・・・

あのヘアスタイル(前髪流してて後ろでおだんごにまとめてるやつ)が

マカゼの輪郭にすごく似合ってた。

それと、どうでもいいけど本当に水さんに似てた。

最近の水さんも前髪流してるスタイルで、ネットでインタビュー記事か何かを読んだところだったから、もうマカゼが出てきた瞬間水さんかと・・・。びっくり。

 

愛ちゃん。

私はセリフが聞き取れないことにすごくストレスを感じるタイプなので、

(最近だと『RENT』がどうしても駄目で幕間に帰ってしまった。初見だったんだけどアレ歌詞の文字数とメロディー合ってなさすぎじゃない?本当に歌詞が入ってこない。映画を観てから行ったから、歌詞聞き取れなくてもストーリーは追えたけど、ストレスがすごすぎて無理だった。また再演されても多分行かない。)

愛ちゃんはちょっと苦手です。『TOP HAT』とかも結構しんどかったよね・・・。

みたいな気持ちで愛ちゃんの登場を迎えた訳だけど、

かっこいい。前髪センター分け愛ちゃんかっこいい。

滑舌はあまりよくないけどお芝居はできるんだね。ステキだった。

 

あとマカゼと愛ちゃんが並んだ時のスタイルがもうすごい。

前の方の座席だったから舞台の前の方まで二人が来た時に感じるでかさがすごい。

うらら様と並んでその身長差!?!?!?みたいなね。

最高としか言いようがない。

 

そして喪服

びっっっっくりした。ステキすぎて。そうよ宙男は黙ってスーツなのよ。

なんでコスチューム物させちゃうかなぁ。

『メランコリック・ジゴロ』とかさ!!!!!そっちの路線できてほしい!!!

次は『エリザ』って決まっちゃってるから、その次でいい。

まあ様率いる宙男がスーツを着てチャラいことしてるだけの作品をやってほしい。

 

カズキソラ。単純にうまいし、なんかよくわかんないけど好感度高いよね。

お芝居があったかい感じ。

宙組をあんまり観てこなかったから歌えるのかとか踊れるのかは知らないけど、

とにかくお芝居はすごく好き。

 

そしてうらら様。

歌わないうらら様は最強。段違いの華やかさ。

やっぱり人間には得意不得意ってものがある訳だから、

歌えないなら歌わないでいいじゃない。(歌劇団だけど)

歌う方も聞く方もしんどいなんて間違ってるもの。(歌劇団だけど)

 

あ、演出はキライでした。ダイキライ。

まあ小劇場公演なんてほぼファンしか観に行かないからいいのかもしれないけど、

冒頭のマカゼの合成写真のとこ。

笑いは起きてたけど、あんな失笑で満足してるのかしら。

「ほら、笑え」って言われてる気分、子供でも思いつきそうな演出。

あとはやっぱり政治的な要素が散りばめられてるのが本当に本当にいや。

タカラヅカは娯楽のための芸術なのだから政治や宗教を絡めるのはセンスがなさすぎる。

何様気取りなのか。

 

こんなことを思っていても、結局は観に行ってしまうんだよな。

ジェンヌもファンも演出家を選べない。